社長のひとりごと

節分

節分に行き、お祓いをしていただきました。コロナ禍でさすがに豆まき中止でした。今年の節分は2日。日付の変動は、地球の公転周期が約365.2422日と、1年間の365日から微妙にズレているため生じます。国立天文台暦計算室によると、節分が23日でなくなるのは、1984年(その年の節分は24日でした)以来、37年ぶりのこと。節分の日が22日になるのは、1897年以来124年ぶりだということです。